コード日進月歩

しんくうの技術的な小話、メモ、つれづれ、など

ヘッダービッティングとは何なのかをざっくりまとめる

実装はかなり泥臭いっぽいので、あくまで意味だけの話で。

背景と意味

広告掲載側のプラットフォームであるSSPが各社DSPからの広告で最高値のものを取得することになるが、適当な広告をSSPが取得できない場合は別のSSPに順繰り聞いていくという形式がある。その場合にSSPの問い合わせ順が定められた方式、いわゆるウォーターフォール方式で問い合わせているため、後続に高価な広告があっても採用されないケースがある。

そのため、SSP同士を全部みて一番高値のものを出すというのが「Header Bidding」という考え方

参考リンク