コード日進月歩

しんくうの技術的な小話、メモ、つれづれ、など

AWS

AWSにはコンプライアンスやリスクに関して説明した資料を公開している

AWS

クラウドは信用ならん!!!とか言い出したときにAWSがどんな感じで頑張っているかを示す一次ソースが欲しい場合に。 公開されている場所 URL コンプライアンスリソース –アマゾン ウェブ サービス (AWS) 公開されている内容 「日本語のホワイトペーパー」か…

CodeDeployのコマンドとやっていることのうちわけと手動実行

AWS

備忘メモ CodeDeployの実行コマンドのうちわけ Code Deployで行うのは aws deploy push と aws deploy create-deployment の2つのコマンドを実行して行う。 おおまかにいうと push のほうで… コマンドが実行されたカレントディレクトリをzip化する そのzip…

BlueGreenDeploymentをざっくりまとめる

ブルーグリーンデプロイとか呼ばれるもの。青と緑のつかいわけを忘れるのでざっとまとめる 出典 BlueGreenDeployment ざっくりまとめ 現在動いているサーバー環境を「ブルー環境」 新しいソフトウェアが入ったサーバー環境を「グリーン環境」 として、ルータ…

AWSにてリソース作成数には上限があるし、緩和しないと作れなくなる

やっているとぶつかる系だけどそういえば書いたことなかったな系メモ 参照元 AWS サービスの制限 - AWS 全般のリファレンス AWS曰く AWS アカウントの AWS サービスに対するデフォルトの制限 (クォータとも呼ばれます) を示しています。特に明記されていない…

AWSのCLIにはコマンドリファレンスのページが存在する

AWS

ググってもヘルプページが優先されて出てこないのでメモ 場所 https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/index.html 補足 一応あるのだが、機能によってはめちゃくちゃ説明が不親切なので、読み解くときはそれぞれのヘルプページの説明を読むのが順当 関連リ…

AWSで運用する予算をざっくり計算できるサイトがある

AWS

いちいちヘルプページで検算しなくてもよいことを知る サイト Amazon Web Services Simple Monthly Calculator できること 各サービスごとにどんな物を使うかを設定できる 行を追加して… インスタンスタイプを選ぶ 全部選んだあとに別タブに行くと月々のお値…

AWSのEC2にて自身のインスタンスの情報を知りたい場合は169.254.169.254をcurlすると情報がとれる

便利だよということでメモ エンドポイント http://169.254.169.254/latest/meta-data/ 使えるもの ami-id ami-launch-index ami-manifest-path block-device-mapping/ events/ hostname iam/ instance-action instance-id instance-type local-hostname loca…

AmazonSNSのAndroidへの通知はGCMからFCMに移り変わる様子

AWS

Push通知にAmazonSNSを使っていて、GCMのエンドポイントに叩いている疑いがあったので不安だったが、それらの向け先は変わってくれそう、という話。 概要 AmazonSNSはスマートフォンのPush通知ができるが、選択項目が「GCM」と書かれている ただしGCM(Google…

AmazonSNSをPush通知で登場する言葉たちの関係性をまとめる

種類が多くて混乱するのでまとめる 登場する言葉 AmazonResourceName(arn)が存在する単位で記載する Application iOS(AppleのAPNs)、Android(GoogleCloudMessaging)などの粒度の配信先プラットフォームを指す。 EndPoint Applicationに対して、発行され…

AWS SDK for Ruby を使っている際に、Aws.config[:stub_responses] を設定すれば雑にスタブは作れる

一番簡単なやつは本当に雑なんですよ、という意識を込めたメモ 環境 aws-sdk (3.0.1) やり方 Aws.config[:stub_responses] = true とすればAWS系のメソッドは全てモック返答が返ってくる。 雑ポイント AWS SDKすべての返答がモック化し、特定のものだけ差し…

AWSコマンドにおいてAWSのアカウント設定情報を複数持ち、切り替える方法

やり方を忘れるのでメモがてら 環境 $ aws --version aws-cli/1.11.129 Python/2.7.10 Darwin/17.7.0 botocore/1.5.92 設定情報を複数用意する 作り方 $ aws configure --profile {{作りたいプロファイル名}} 例 sandbox という profile を作りたい場合 $ aw…

AmazonSNSでGCM向けとAPNs向けのJSON作るときは格別要素を削ってあげる必要はない

スマホネイティブアプリ向けPush通知をAmazonSNSで送ることってあると思うんですが、AndroidとiOSで別々にJSON送らなくてもいいんだよというTips 解説 AmazonSNSでメッセージを送信する時にJSONの形式は以下の感じです ▼GCMへ送る場合 { "default": "送りた…

ActiveStorageでS3を使う場合、storage.ymlの認証情報は必須項目ではない

だいたいのチュートリアル読むと、アクセスキーとシークレットキーを設定しようと書かれているが、EC2の権限設定でカバーしたい場合は未指定でも問題ないんだよっていうメモ 環境 rails (5.2.0) 説明 S3などの設定をする config/storage.yml の雛形にはこん…

RubyのAWS SDKの認証情報は読み込み順番があるので気をつける

そういやどういう順番だっけか…みたいになるので 環境 aws-sdk-core (2.9.20) 説明 AWS SDK for Ruby は、次の手順で認証情報を検索します。 クライアントオブジェクト内で認証情報を設定する Aws.config を使用して認証情報を設定する 環境変数を使用して認…