コード日進月歩

しんくうの技術的な小話、メモ、つれづれ、など

AWS

AWS SDK for Ruby を使っている際に、Aws.config[:stub_responses] を設定すれば雑にスタブは作れる

一番簡単なやつは本当に雑なんですよ、という意識を込めたメモ 環境 aws-sdk (3.0.1) やり方 Aws.config[:stub_responses] = true とすればAWS系のメソッドは全てモック返答が返ってくる。 雑ポイント AWS SDKすべての返答がモック化し、特定のものだけ差し…

AWSコマンドにおいてAWSのアカウント設定情報を複数持ち、切り替える方法

やり方を忘れるのでメモがてら 環境 $ aws --version aws-cli/1.11.129 Python/2.7.10 Darwin/17.7.0 botocore/1.5.92 設定情報を複数用意する 作り方 $ aws configure --profile {{作りたいプロファイル名}} 例 sandbox という profile を作りたい場合 $ aw…

AmazonSNSでGCM向けとAPNs向けのJSON作るときは格別要素を削ってあげる必要はない

スマホネイティブアプリ向けPush通知をAmazonSNSで送ることってあると思うんですが、AndroidとiOSで別々にJSON送らなくてもいいんだよというTips 解説 AmazonSNSでメッセージを送信する時にJSONの形式は以下の感じです ▼GCMへ送る場合 { "default": "送りた…

ActiveStorageでS3を使う場合、storage.ymlの認証情報は必須項目ではない

だいたいのチュートリアル読むと、アクセスキーとシークレットキーを設定しようと書かれているが、EC2の権限設定でカバーしたい場合は未指定でも問題ないんだよっていうメモ 環境 rails (5.2.0) 説明 S3などの設定をする config/storage.yml の雛形にはこん…

RubyのAWS SDKの認証情報は読み込み順番があるので気をつける

そういやどういう順番だっけか…みたいになるので 環境 aws-sdk-core (2.9.20) 説明 AWS SDK for Ruby は、次の手順で認証情報を検索します。 クライアントオブジェクト内で認証情報を設定する Aws.config を使用して認証情報を設定する 環境変数を使用して認…