コード日進月歩

しんくうの技術的な小話、メモ、つれづれ、など

RSpec

RSpec3の配列系マッチャを利用シーン別に逆引き表を作ってみた

RSpec3から結構選択肢があるようなので一覧表にしてみる 環境 $ ruby -v ruby 2.5.0p0 (2017-12-25 revision 61468) [x86_64-darwin18] $ bundle exec rspec -v RSpec 3.8 - rspec-core 3.8.0 - rspec-expectations 3.8.2 - rspec-mocks 3.8.0 - rspec-rails…

RSpecには表示の出力をキレイにする --format documentation というオプションがある

キレイだが物量すげぇというので一長一短なやつ。 環境 $ bundle exec rspec --version RSpec 3.8 - rspec-core 3.8.0 - rspec-expectations 3.8.2 - rspec-mocks 3.8.0 - rspec-rails 3.8.1 - rspec-support 3.8.0 やり方 実行時に以下の感じで指定する bun…

RSpec内にてRails.envによって振る舞いの変わるものをテストしたい場合の書き方

ただのモックの書き方だが具体例を添えて。 環境 rails (5.2.0) rspec (3.7.0) やり方 allowとand_returnを使う allow(Rails).to receive(:env).and_return(ActiveSupport::StringInquirer.new("production")) 原理 allow({{クラス名}}).to receive({{メソッ…

RailsでTimecopを使わず現在時間をずらすRSpecを書く

実はTimecopはいらなくなったという話題の実践編 環境 rails (5.1.5) rspec (3.7.0) やり方 helperに追記 rails_helper.rbのお好みのところに追加 RSpec.configure do |config| # 中略 config.include ActiveSupport::Testing::TimeHelpers end 使い方 trave…