コード日進月歩

しんくうの技術的な小話、メモ、つれづれ、など

rspecのdescribeにメソッド名を記述する場合、クラスメソッドは .か:: 、インスタンスメソッドは # で始めるのが一般的

そういやこれの出典どこやみたいな気持ちで探してみたメモ

出典元

Better Specsに書いてあった。

原文:Better Specs { rspec guidelines with ruby } 日本語版:Better Specs { rspec guidelines with ruby }

use the Ruby documentation convention of . (or ::) when referring to a class method's name and # when referring to an instance method's name.
Ruby文書の規約ではクラスメソッドの名前には.(もしくは::)をインスタンスメソッドの名前には#を使っています。

関連リンク