コード日進月歩

しんくうの技術的な小話、メモ、つれづれ、など

雑記

UNIX/Linuxシステムにおけるシグナルとkillコマンドに関してざっくりまとめる

ド基礎を見直そうというたぐいのもの プロセスとシグナル Unix/Linuxシステムではプロセスという単位でシステムが動いている。そのプロセスは外からシグナルという形で情報を受け取ることができる シグナルの使い所 シグナルは他のプロセスから飛んでくるも…

AWSにてリソース作成数には上限があるし、緩和しないと作れなくなる

やっているとぶつかる系だけどそういえば書いたことなかったな系メモ 参照元 AWS サービスの制限 - AWS 全般のリファレンス AWS曰く AWS アカウントの AWS サービスに対するデフォルトの制限 (クォータとも呼ばれます) を示しています。特に明記されていない…

Rubyのblockはrescueで拾えるし、eachの場合は後続処理は実行される

あれ、そうなんだ!というの、原理としてはなんとなくわかるが情報のソースがないのでとりあえずできるよというところまで 環境 $ ruby -v ruby 2.6.2p47 (2019-03-13 revision 67232) [x86_64-darwin18] コード例 def kicker(array) vals = array.each_with…

Rubyで 0 を 判定するなら zero? のほうがスマート

若干ポエム寄りな話。 環境 $ ruby -v ruby 2.5.0p0 (2017-12-25 revision 61468) [x86_64-darwin18] ドキュメント曰く 自身がゼロの時、trueを返します。そうでない場合は false を返します。 - instance method Numeric#zero? (Ruby 2.6.0) 使う利点 if a …

使い捨てのスクリプトの置き場の名前のはoneshotがよさそう

よく名付けに困るので情報的にありがたい話、ruby-jpよりの備忘メモ。 話のはじまり 『Railsのワンオフなスクリプトを置く場合の置き場はどこか』 出てきた意見 lib/tasks/oneshot/nanika.rake bin/【使い捨てであることが分かる名前】/ script/【使い捨てで…

Railsで with_indifferent_access を使うときは一呼吸おいて考えて欲しい

ただのコラム (この話を題材にする)環境 $ bin/rails -v Rails 5.2.2 with_indifferent_accessというメソッド Hashの拡張機能としてAvtiveSupportが用意しているメソッド rails/hash_with_indifferent_access.rb at master · rails/rails · GitHub Hashの…

ブログにおける書籍引用の書き方を考える

最近書籍から言葉を拝借することも増えたのでベターな書き方をネットの海からピックアップしてみた。 そもそも引用とは 著作物に関して、権利を持つ者からの許可を得ずに、副次的に加えたり紹介すること。 引用と著作権法 では引用の際に引用元の書き方のレ…

Railsのenvでステージング用の値は増やせるがあんまり増やさない方がいいという話

ただの雑記です。 Railsの環境(env) 通常用意されているenvは 開発環境向けの development テストコードを走らせるための test 本番環境用の production がデフォルトで用意されている。 主には 開発/テストの用途でしか使わないgemの使い分け 再起動の簡略…

Linux/Unixで環境変数の一覧が見たいときはprintenvコマンドを使う

知名度が低い、というか場面によるのかもだけどメモ 環境 macOS mojave ※諸事情によりローカルのみの確認だがCentOS系も普通にあるコマンド やり方 シンプルに $ printenv と打つだけ 例 $ export HUGA=100 $ export HUGAHUGA=200 $ printenv | grep "HUGA" …

異なる環境間で現在時間を受け渡して判定するときに気をつけること

端末時間とサーバー時間に関して色々思うことがあったので、考えをアウトプットするだけの雑記です。 今回考えるシチュエーション 異なる環境から時間情報を受け渡すということを考える。登場人物としては「送信元」と「送信先」があるが、例としては以下の…

メールのパスワード別送信は無意味なのかざっくりまとめてみる

よく言われることだけど、しっかり説明できないなと思ったのでまとめてみる。 よく言われる「パスワード付き添付ファイルとパスワードを別に分ける」とはどういうシチュエーションか メインのメールでパスワードを入れないと開けない添付ファイルを渡す メイ…

ローカルで開発下内容をmasterにコミットしちゃったときのお手軽手順書

事故が起きたときの対応法メモ 環境 $ git --version git version 2.17.2 (Apple Git-113) 対応順番 いままでやった更新を別のブランチとして新規作成 originのmasterにmasterを強制リセットする 例 master にコミットした内容を sugoi_feature に動かしたい…

システム開発におけるEnd Of Lifeの意味とその類義語

人によって略語のバリエーションがバラバラ、とりあえず似た言葉をまとめてみる。 システム開発におけるEnd Of Lifeとは 製品としての終了を示し、主に製品サポートの終了を意味する用語として使われる。そこから転じて、ソフトウェアのサポート終了や、重大…

CircleCIでrubyのイメージを使っている際にmysql-clientがなくてエラーになってしまう場合はdefault-mysql-clientを入れてあげると解決できる

時事ネタ、かつ暫定的なトラブルシュート 環境 CiecleCI (version2) でCIを動かしている Railsアプリ bundle installなどを.circleci/config.ymlでやってる DBはMySQL JSのコードも有るので使っていたイメージは circleci/ruby:2.6.3-node-browsers 発端 と…

FactoryBotでbelongs_toの相手がいる場合はidではなくモデルを代入しましょう

日曜日ということもあり なるほど、こういう見解もあるのか。 という天然の間違いに関しての発見メモ。 環境 $ bin/rails -v Rails 5.2.2 事例 例えばこんなModelがあるとする(Modelの値はannotateのgemで表現) # == Schema Information # # Table name: m…

p12ファイルことPKCS #12の証明書ファイルに関してざっくりまとめる

p12ってiOSのAPNs証明書とかでも見かけるけどコレ自体は一体なんなのかという話をざっくりまとめる PKCS12とは p12はPublic-Key Cryptography Standards(略称PKCS)の12番目の仕様であり、パスワードに基づく鍵(暗号)により保護された秘密鍵と、それに関連…

curlでクライアント証明書を使ってJSONをPOSTする

複合事例をあえて書いて利用するオプションを説明する。 環境 $ curl --version curl 7.54.0 (x86_64-apple-darwin18.0) libcurl/7.54.0 LibreSSL/2.6.5 zlib/1.2.11 nghttp2/1.24.1 Protocols: dict file ftp ftps gopher http https imap imaps ldap ldaps…

OGタグとOpen Graph Protocolについてまとめる

og:title とかあるんだけどコレの起源はなんなのかという話。 概要 Facebook社が提唱したプロトコル。リンクを貼ったときにそのリンクからタイトルやサムネイルを適切に生成するためのタグを定めたもの。 もともとは「あらゆるWebページがFacebook上の他のオ…

五十六(いそろく)メソッドを自分なりにまとめる

山本五十六の名言、と語られるけどもこの呼称だと無いなと思いさらっとまとめてみる 五十六メソッドとは 山本五十六の名言 やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ に由来し、ものごとを教える際は まずは教える側が実演する その…

MacでもWindows同様にすぐにスクリーンロックするショートカットキーがある

意外と知られていないし、カフェとかで仕事する人は覚えて置くと良いと思う。 やり方 Mac のキーボードショートカット - Apple サポート より Command + Option + 電源ボタン (余談)Windowsの場合 Windows のキーボード ショートカット - Windows Help より …

複数会社間における作業の連絡手順

自分の業務経験をテキストにするシリーズ。 複数間にまたがる会社の連絡 例えば、運用を依頼されているシステムなどの場合は、そのシステムに変更を加える場合に依頼元の会社と連携を取る必要がある。 そのような場合の連絡のタイミング、勘所をざっとまとめ…

複数タスクを並行でこなすとき、時間軸で振り分けを考える

最近タスク整理業が多すぎるのでそこで文章化したかったことをまとめる。 並行タスクの問題点 あふれるタスクを整理するときに時間軸で整理する そのタスクは依頼を必要とするものか そのタスクは期限が求められるものか そのタスクは後続のものがあるか な…

ビジネスメールにおけるインラインとは

結構無意識で使ってたけどよく考えるとこれは一般用語なのか不安になったので調べてみた メールにおけるインラインとは メールの返信において、もらったメールの本文を使って返答文を書くこと。 実例 shinkufencer様 いつも大変お世話になっております。 株…

Webサービスでテスト項目書に基づいてテストするとき、テスターにやさしいテスト環境を考える

この前はデバッグの起票に関して書いたけど、今回は用意するべき環境の心構え的メモ テストのために望ましい環境とは 主に心がけたいことは以下 確認に必要なテストデータが入っている、入れることができる 既存環境からの拡張であれば、既存環境に近い状態…

バグ報告をするときに書き留めておきたい項目

自分の経験値をアウトプットするシリーズ 改修者にやさしいバグの報告とは 何かしら「バグってる!」と思ったとき、それは直さなければいけないのだが、それを直すべきか、直すためには何を書き残しておくとよいのかというのは人によって観点はバラバラであ…

APIのメンテナンス中を表現するのに503 Service Unavailable を使うと書きやすいかも

古来からの書き方を学ぶべきシリーズ ステータスコードとしての意味 状態°コード 503 (Service Unavailable)は、[ サーバは、[ いくばくかの遅延後に軽減される見込みが高いような,一時的な過負荷 またはスケジュールされた保守 ]に因り,現在 要請を取…

OpenAPI3.0でサクッとドキュメントを作るならSwaggerEditorでなんとかなるかも

久しぶりに使ったら今まで以上にすごい使いやすかったのでメモ 環境 https://editor.swagger.io (ネット上で提供されているものは特に記載がない…) 良いポイント 強力なサジェスト 予約後の補完はもちろん、既存定義をひっぱってくる $ref などではすでに定…

204 No Content は Body部に何も入らないのが仕様

意図的に入れてもダメなんだっけ?というのを調べただけ 出典元 204 応答は、メッセージ本体を包含できない。 そのため、ヘッダ節の後の最初の空行で終了される。 - RFC 7231 — HTTP/1.1: Semantics and Content - 6.3.5. 204 (No Content) (日本語訳) 懸…

ダークローンチ(リリース)/フィーチャートグル とは何かざっくり調べる

そういや認知度低いなと思い改めて調べる 意味 リリースと同時に機能を開放せずに別の方法で新機能を開放する手段を提供する 特定の条件下や特定の割合で新機能を試し、検証を行う 間違えやすい言葉 カナリアリリースともニュアンスが近いが、カナリアリリー…

GitHub上でやりかけのPRにはDraft機能を使うと幸せになれる

こういう機能と使い方もあるというただの雑記 GitHubのDraft機能とは Draft Pull Requestをリリースしました - The GitHub Blog - Japan DraftにするとPRの表記がDraftになる DraftがOpenになるまでマージできない 使い所 純粋にWIPのブランチ対するPR Descr…