コード日進月歩

プログラミングの技術的なメモなど

HTMLのmetaタグ、noindexに関してのメモ

突然SEO知識を要求されるエンジニアです。

今回はメタタグ、noindexに関してのメモです。

概要

タグとしての役割

検索エンジンクローラーBot達にインデックスしなくていい(≒検索エンジンの検索結果に反映しなくていい)よとお知らせするためのタグです。

書き方

クローラーボット全般には

<meta name=”robots” content=”noindex” />

Googleクローラーボットだけ防ぎたい場合は

<meta name="googlebot" content="noindex">

使い所

そもそも検索結果に出ても意味のないページに適用する

Googleの検索結果に乗っても意味のないページなどに適用する。例えば以下のようなもの。

  • 投稿系フォームの結果ページ(ご意見ありがとうございました、などの結果ページなどの通称サンクスページ)
  • 404ページなど無効なページ
  • 決済ページ

低品質なコンテンツに適用する

「コンテンツとしては価値がない」ページなどに当て込む。

静的運用の場合はそんなページは存在しないが、動的運用の場合は以下のようなものが当てはまる

  • ヘッダとフッタだけがあって中身がない作成途中のページ
  • 廃止予定のコンテンツ

使わないほうがいいところ

重複コンテンツ

Googleの評価として、かぶっているコンテンツがあるとコピーを作りまくっていると勘違いされたり、純粋に一つのページに集まるべき集客効果が分散されてしまったりする。

そのため、「重複コンテンツでかぶっているものは noindex を指定して、1個だけ見られるようにするべき」という手法が存在した。

だが、動的生成でパラメータ違いで同じコンテンツなどの場合は rel=canonical タグがあるのでそちらを使うと良い。

参考サイト