コード日進月歩

プログラミングの技術的なメモなど

「テスト書かないと怖くてプログラム書けない」がだんだんわかってきた

現在過去あまりやったことがない感じでTDDライクな開発をしているんですが、すごい不安材料の消しやすさが楽。

いままでは

  • 実装する
  • その機能を実際に動かしてみる
  • 止まったりしたらデバッグログ仕込んで直す
  • 何度か動かして解決
  • デバッグログを消す

みたいな流れが基本だったんで、大きい機能とかになると壊れている場所の把握がめっちゃ大変だったんですが、テストを書くことによって小さい粒度でテストを書くのですごい楽。なんとなくテスト書く人たちが言う「テスト書かないと怖くてプログラム書けない」ってのはこういう感覚なのかなって感じです。

お休みの日なのでたまにはこんな感じの記事も。現場からは以上です。